CONCEPT

Pocket

photo006私は頑張っている女性が大好きです。

働きたい、あるいは働いている女性を応援するために、社会保険労務士という仕事を選びました。女性が生き生きと頑張って働くことができる企業は、絶対にうまくいきます。
昨今,女性の活用推進が進められています。
女性には責任ある仕事を任せられない、すぐに辞めてしまう・・・など否定的な概念をもっていませんか?
私が様々な企業と関わる中で、女性が活躍しているところは業績も順調で、職場の雰囲気もステキで、とてもうまくいっています。

その理由は、女性の特性をうまく活用しているから。

女性の特性とは、例えば、細かいところに気がつく、時間の制約があるからこそ集中して効率的に仕事をする、コミュニケーション能力が高い、場が明るくなる・・・など。もちろん、個人差はありますが、これは女性だけでのことではないと思います。この特性をうまく活用することにより業績アップだけでなく、労働力を確保することにもつながります。

社会的にいうと、女性の活用は、これからの労働力の減少を考えると必須となります。

また、女性の経済力が高まり、消費に対する影響力が大きくなっている現在では、女性のニーズを把握し、女性目線での商品やサービスの企画、また、販路の開発は業績向上に不可欠となっています。

優秀な人材は企業力に直結します。性別にこだわるあまり、優秀な人材が流出してしまうのはとてもマイナスです。ぜひ、女性の持つ能力を信じて、仕事を任せてみませんか。

働いていない、または力が発揮できていない優秀な女性はたくさんいます。

だからこそ、女性がもっともっと活躍できるような「場」を提案したい。
その「場」こそが、魅力的な企業づくりのもととなり、業績向上につながります。
今後、持続的に経営して行くには、女性の活用は必須です!
ぜひ、女性が活躍できる職場づくりを一緒にしませんか?

※女性を活用することの「有効性」
「企業の女性活用と経営業績との関係に関する調査」によると、女性の能力発揮促進に取り組んだり、管理職へ登用するなど、女性の活用が進んでいる企業ほど業績は良いという結論を出している。「5年前と比較した女性管理職比率の変化」が「大幅に増えた」企業の売り上げ指数は「大幅に減った企業」の指数と比較すると2倍以上の差がある。詳細は21世紀職業財団のホームページを参照

経営者様へのメッセージ≫