経営者の方々へ

Pocket

男性、女性とそれぞれ能力は異なります。その異なる能力を活かすことが、貴社の業績の伸ばし、魅力を高めることにつながっていると思います。そのために必要なことは、それぞれの特性を理解し、うまく活用することです。特に、女性を活用する場合にはいくつかのポイントがあります。ここをクリアにすれば、より一層の貴社の発展につながりますので、ぜひ、検討してみてください。

 

労働力への意識改革を行う

大切なのは,女性に対する意識改革です。女性活用が重要なことを理解し,活用方法に対して変革が必要です。能力は性別ではなく、個人差によるものと理解してもらうこと、仕事を任せることにより男性と同等,あるいはそれ以上の働きをすることを知ってもらうことが大切です。女性に仕事を任せると、責任感も強くなり、成長にもつながります。女性のモチベーションを高めることは、必ず、業績の向上につながります。

 

制度を整える

就業規則やルールブックを整備することは、社内規則を明文化することになります。明文化することにより、社内規則に従い公平な判断がされていると示すことができます。これは、女性の不公平をとても嫌う・書いてあることを守るという特性に対応しており、人事労務等の運営にプラスとなります。加えて、社員と協同してルールブックやクレドを作成することにより、経営理念や業務内容を再認識し、より貴社のことを考えるようになり、業績向上につながります。

 

採用方法(内容)の改善

女性の場合、働く目的や働き方の希望も様々であり,それに応じた「場」の提供が求められています。未婚か既婚か、また子どもがいるかいないか、近隣にご両親がいるかいないかでも異なってきます。個々人すべてに合わせることは難しいと思いますが、就業規則や、職場のルールブック等で明文化することにより対応できます。また、働き方を見直すことは、仕事を効率化することにつながり、労働時間の短縮は経営者にとっても、働く女性にとっても、プラスとなります。残業代や光熱費を減らすことができ、経費削減になります。また、女性にとって働きやすい環境は貴社の魅力的となり、採用もしやすくなり、退職者も少なくなるというメリットがあります。

よくある質問はこちらから≫